パーキンソン病の看護

パーキンソン病の症状

パーキンソン病の4大症候は、「安静時振戦」、「筋固縮(筋強剛)」、
「無動・寡動」、「姿勢反射障害」です。

 

安静時振戦

 

安静時(静止時)は、間欠的、或いは断続的に振戦が見られます。

 

一般的に一側の手、または足から始まり、
同側の足、または手、反対側の手、または足、足または手へと進行、
つまり、N字型、または逆N字方に進行し、左右差があります。

 

精神的緊張で増強し、動作によって抑制されます。

 

初期の段階では、意識をすると、抑制できますが、
一秒間に4〜6回(周波数4〜6Hz)の粗大で規則正しい振戦が見られます。

 

母指と示指や中指を丸薬を丸めるような動作も見られます(pill rolling tremor)。

 

症状が進行すると、動作時や姿勢保持時にも症状が現れ、
振戦が強くなると症状が唇まで現れることもあります。

 

筋固縮(筋強剛)

 

パーキンソン病の初期から、筋固縮(筋強剛)の症状は認められます。

 

筋緊張の亢進によって、
肩や首の関節がウマく回せなかったり、
肘や手首、足首の曲げ伸ばしが出来ないなど、
筋の収縮と弛緩のバランスが崩れます。

 

安静にした状態で四肢関節の近位部を固定し、
遠位部を他同的に屈曲・伸展したときに
筋肉に抵抗を感じます。

 

歯車現象が特徴的で、振戦同様に左右差があります。

 

無動・寡動

 

寡動: 自然な動作が少なくなり、一つの動作を始めるまでに
   時間がかかるようになります。
   動きが小さくなり、動作が緩慢になります。

 

無動: 症状が進行すると、身動き一つしなくなることがあります。

 

仮面様顔貌: 顔の表情が著しくなり、瞬きも少なくなります。

 

小字症: 文字を書いているうちに、だんだん字が小さくなっていきます。

 

単調言語: 話し方の抑揚がなくなり、早口、小声でぼそぼそ話すようになります。

 

姿勢反射障害

 

身体のバランスが崩れやすく、後方に向かって軽く押されただけで、
棒の様にそのまま後ろに倒れてしまったり、
後に小刻みに歩き出してしまいます。

 

極端な体の傾きや一見窮屈な半座位、前傾前屈姿勢となっていたりしますが、
自ら矯正することは困難です。

 

すくみ現象

 

動作の完遂が突然のすくみのため出来なくなります。

 

すくみ歩行、同語反復(一つの語や句を反復する、反復するにつれて発語の速度が
加速する)、開眼失行(意図的に開眼ができない)などがあります。

 

歩行障害

 

小歩症: 歩幅が小刻みになります。

 

加速歩行: 進行すると前傾前屈のまま徐々に早足となり、
     つま先に体重がかかり自分では止められないほど加速していきます。
     そして、方向転換もできず、手で体を防御することもなく
     顔面から倒れてしまうこともあります。
      突進するようになるので、突進現象とも呼ばれます。

 

自律神経症状

 

流涎(りゅうぜん)、嚥下障害(えんげしょうがい)、便秘、
頻尿や排尿困難などの排尿障害、起立性低血圧、食事性低血圧、
発汗障害(発汗過多)、脂漏性皮膚炎、睡眠障害など。

 

精神症状・認知障害・認知症・精神緩慢

 

抑うつ症状や不安、思考の遅延、衝動性の欠如、
自発性の低下、注意障害や遂行機能障害、視空間機能障害、
記憶障害や性格変化などの認知機能障害などの症状が現れます。