パーキンソン病の看護

パーキンソン病の重症度の分類

生活機能障害度厚生労働省異常運動疾患調査研究斑

 

I度: 日常生活、通院にほとんど介助を要さない。

 

U度: a) 身の回りのことなどは、何とか一人でできる。
      細かい手首の動作、外出、通院等には部分的介助が必要。

 

    b) 日常生活の大半は介助が必要となり、
     通院は車で運んでもらわないと難しい。
      労働力は殆ど失われる。

 

V度: 日常生活の全面的な介助を必要とする。
    歩行・起立ができない。

 

Hoehn&Yahr(ホーン・ヤール)の重症度分類

 

StageI: 一側性のパーキンソニズムのみ。
     機能的障害はない。あっても軽度。

 

StageU: 両側性のパーキンソニズムが見られるが、姿勢保持の障害はなし。
     日常生活、職業は多少の障害はあるが行なえる。

 

StageV: 歩行障害が明確となる。
     姿勢反射障害が見られ、活動はある程度制限される。
     しかし、自力での生活ができる。
     機能障害度は軽度〜中等度。

 

StageW: 重篤な機能障害がある。
     自力の実の生活は困難。
     姿勢反射障害が高度になり、容易に転倒する。
     支えられずに歩行はどうにか可能。

 

StageX: 一人では動けず、寝たきりとなる。
     移動は車いすなどによる介助で可能。

 

 

パーキンソン病の症状の進行

 

手の震え・動作が遅い・手足が動かしにくい

 

→ 歩くのが遅い・字を書くと小さくなる・しゃべりにくい

 

→ 姿勢が前傾になる・声が小さい

 

→ 話のリズムが単調になる・転倒しやすい・表情が乏しくなる

 

→ すくみ足、歩くと止まらなくなる・起立性低血圧
 ・だんだん早口になる・流涎・便秘・抑うつ

 

→ 関節の動く範囲が狭い・拘縮(こうしゅく)・飲み込みにくい・認知機能低下